果物を食べる断食ダイエットにバナナをすすめる理由とは?

バナナの画像:wildwildwestny.com

近年週末だけ断食を行いダイエットに挑戦する人が増えていますが、近年主流となっているのは酵素ドリンクをもちいておこなう方法です。

しかし酵素ドリンクを飲むことはできたとしても、一切食べ物を口にできずに空腹がつらそうでなかなか挑戦できないという人も多いでしょう。

そこで空腹を無理に我慢することなく断食できる方法が果物断食です。果物と水を口にしながらダイエットをすることができるため、空腹でつらさを感じることなく、エネルギー不足によって発生するといわれている頭痛やふらつきなどを予防することにもつながります。

果物を使った断食ダイエットではどんな果物を選んでもよいのですが、その中でもおすすめの果物がバナナです。

簡単にできるバナナダイエット

バナナ, フルーツ, 炭水化物, 甘い, 黄色

果物は高価なものも多いですが、バナナは一年中安く手に入る果物であり、食材をそろえるのも楽と言えます。

またバナナには食物繊維が豊富に含まれ、便秘にも効果的であるといわれています。バナナを選ぶ際には熟しているものの選ぶと良いでしょう。

まだ青く熟しきっていないものはまだ未熟ですが、だんだんと熟してきて茶色い斑点のようなものが出来てくると、消化がよいものとなります。

断食をおこなう場合には、できるだけ消化の負担を減らすためにも、よく熟しているものを選んで食べるようにしましょう。

大切なのは果物の中の酵素!

ミネラルウォーター, ライム, 氷, ミント, ガラス, ドリンク, 風邪

生の果物にはほとんどの場合酵素が含まれています。

この酵素が断食中のデトックスを助けてくれる働きがあるため、加熱したり冷凍したりせずに生の状態で食べるように心がけましょう。

同時にたくさんの水を飲み、水分をたっぷりと摂取することによって排泄もスムーズになるといえるでしょう。

水分の摂取の目安としては1日に1.5リットルから2リットルを目安に飲むようにしましょう。

バナナには体を冷やすという特徴があります。体が冷えてしまうと代謝が落ちてしまうので、体の冷えを予防するためにも常温の水や白湯、温かいハーブティーなどを飲み、体を冷やさないように注意しましょう。

コメントは受け付けていません。