断食ダイエット中の牛乳の飲み過ぎに気を付けなければいけない理由

牛乳の画像:wildwildwestny.com

断食ダイエットとは、固形物を摂取することなく飲み物だけを摂取して断食をおこなう方法です。

多くの場合は酵素ドリンクなどを用いて行うことになりますが、栄養摂取や水分補給に頼りになる飲み物があれば、精神的にも身体的にも心強いものです。しかし断食ダイエット中に飲むものは、飲み物であるならば何でもいいというわけではありません。

飲むべきものとそうではないものをしっかりと把握したうえで、断食ダイエットに臨む必要があります。

断食ダイエット中に大切なのは水分補給!

欲望, 少年, 水, 飲み物, 子

断食ダイエットを行うにあたり、体の毒素を排出するという目的があります。この目的を達成するためには、固形物を食べないというだけでは、目的を完全に達成することはできないでしょう。

断食ダイエットとはいえ、脱水になるのを防ぐためにも水分補給は必須となります。

水分補給を行う際には、なるべく水をのむようにしましょう。

水を飲むといわれると味がないし、それほどたくさん飲めるわけでもないので、味があるものをのみたいと思う人もいるかもしれませんが、もしものどが渇くたびに野菜ジュースや牛乳などをのんでしまうと、断食ダイエットの効果はなくなってしまうといえるでしょう。

もし断食ダイエット中に牛乳を飲んでしまったら・・・

ガラス, ミルク, 白, 牛の牛乳, 注ぎ、, ドリンク

例えば牛乳を例に挙げて考えてみましょう。牛乳はたんぱく質を摂取することもでき、腹持ちもよいので、空腹感を紛らわせることもでき、適量をのむ分には決して悪いものではありません。

しかし水分補給をすべて牛乳で賄ってしまうと、とてもダイエットとは言えません。

人間は1日に2リットルほどの水分を摂取した方がよいと言われていますが、もしもその水分摂取をすべて牛乳で賄おうと思ったときには、牛乳パック2本分をのむ必要があります。

もしも牛乳パック2本分をのんだ場合には、そのカロリーは1300キロカロリーにも及びます。

1日に1300キロカロリーを摂取するということは、普通の食事をすることとほとんど変わりがありません。

野菜ジュースを選ぶ人もいますが、カロリーは牛乳ほどではないものの、糖質も多く含み、やはり水分補給のための飲み物としては適さないでしょう。

断食ダイエット中の水以外の飲み物としては、1日当たり500ミリぐらいに抑えるように意識しましょう。

 

 

コメントは受け付けていません。