断食ダイエットの最中に喫煙は我慢したほうが良い理由とは?

タバコの画像:wildwildwestny.com

週末などの短期間に断食をおこなうことによって、体をリセットし太りにくい体質にする効果が期待できます。

断食をすることによって消化酵素を減らし、代謝酵素を増やすように体が変化していくということです。

断食ダイエット中に喫煙を控えるべき理由とは?

タバコ, 禁煙, 煙, 灰, たばこの吸い殻, ニコチン, たばこ, 不健康

ダイエットをしたいという理由でおこなう人は多く見られますが、毎日喫煙していた人が、断食を始めたからたばこを吸わないというわけにはなかなかいかないものです。

しかし喫煙がやめられないからといって、断食中にたばこを吸ってしまうと、せっかく増えてきた代謝酵素がせることになります。

断食している最中は、食事をとらないことから、体の吸収力が非常に高くなっています。

良い栄養でも悪いものでも、体の中にはいって来たものはどんどん吸収してしまうということになります。

そのため断食中にたばこを吸ってしまうと、たばこの成分を体はどんどん吸収してしまい、体調が悪くなったという例も報告されています。

たばこには血管を収縮させる働きがあり、血管の循環が悪くなることにより体が冷えやすくなります。

喫煙することにより新陳代謝も悪くなり、肌が荒れてしまったり生理不順に陥るなど良い影響はありません。

もしもダイエットや健康のことを考えて断食をおこなうのであれば、一緒に禁煙する努力もしましょう。

断食ダイエットは禁煙のチャンス!

禁煙, タバコの箱, タバコ, 手, 拒否します, いいえ, 不健康

断食をおこなったあとは味覚や嗅覚などが非常にすぐれた状態になるといわれています。

そのためほとんど味のないおかゆであっても、非常においしく感じるようになります。

そのためたばこを吸ってしまうとおいしくないと感じる人もいます。これは体に良くないものが受け付けなくなっている証拠と考えられるでしょう。

このようにおいしくないと感じた時は、一気にたばこをやめてしまうチャンスといえるでしょう。

近年ではたばこや煙の臭いが嫌だと感じる人が多くなり、喫煙者は肩身の狭い思いをするようにもなってきました。

目につくところにたばこを置いておくついつい吸ってしまう人も多いので、ダイエットを始める際に食べ物と煙草を一緒に処分するとよいでしょう。

コメントは受け付けていません。