断食することで血流が良くさせる方法とは?  

砂時計の画像:wildwildwestny.com

血流を良くすることは体にとって様々な効果を与えます。

老廃物を運びやすくすることや栄養素を体の隅々に行き届けさせることや、体温を上げて免疫力を高めるなどもその効果の1つです。

一方で体の不調に悩まされている人は血流が悪いと言われています。

この血流の悪さを言い換えると血液の量が少ない状態とされており、これを改善しない限りは体の不調に常に悩まされ、やる気がなかなか出ないとか疲れが取りにくいなどの症状に毎日悩まされることになります。

こうしたことを解決する対策として注目されているのが断食です。

断食で血流を良くさせる方法は?

血, セル, 赤, 医療, 医学, 解剖学, 健康, 人間, 生物学, 血液細胞

断食といってもプチ断食程度で十分血流を良くさせるとされています。

有名なのは1週間夕飯を断食して何も食べないという方法です。

食事の代わりとしてスープや酵素入りのドリンクを飲むことで栄養素を補給していけば大丈夫です。

夕食だけを断食するやり方によって血流が良くなり、朝起きてもう体が疲れているといったことが改善されるようになっています。

また夕食を食べないことで胃腸を休ませることができ、血を多く溜め込んでいる肝臓も休ませることで血液の質を高めさせられることを考えてもその効果は高いことがわかります。

プチ断食で気をつけたい事

スープ, ニンジン, ジンジャー, 食品, 食べる, 野菜, 調理する, ランチ

実際にプチ断食で気をつけたいのは栄養素を常に確保しておくことです。

特に血液にとって大事な鉄分やたんぱく質は欠かせません。

血液は水分が多いですが、それを除くとたんぱく質がかなりの量を占めています。

たんぱく質が血液の質を下支えしており、断食中であったとしてもたんぱく質は確保しておきたいところです。

鉄分に関してはサプリメントなどで補給するのも1つですが、スープなどで補ったり昼食などで鉄分を多めに摂取するのも1つのやり方です。

最初のうちは慣れないため、1週間続けるのは大変と感じる人が多く1週間で数日程度しかできないこともあります。

それだけでも十分な効果を感じ取れますが、1週間続けることで体が軽く感じるなどの効果を体感できます。

できる範囲から断食を始めていき血流を良くしていきたいところです。

コメントは受け付けていません。