断食で内臓脂肪を落とせるのでしょうか?  

断食 内蔵脂肪の画像:https://wildwildwestny.com/

断食は内臓脂肪を落とすのに効果的な方法です。

皮下脂肪とは異なり、運動や食事制限で落としやすいものですが、継続するのは難しい、という人に適しています。

ただし、健康を損なう恐れもあるのでやり方には注意が必要です。

断食のメリット

若いです, 人, 女性, 分離, デスクトップ, 大人, 親指, 笑顔

まず、断食すると食事によるカロリー摂取ができなくなるため、身体の脂肪を使ってエネルギーにするので、内臓脂肪が消費されます。

また、腸を休めることもできるので溜まっていた便を排出しやすくする効果もあり、これは脂肪は変化しませんが体重を減らせます。

腸の老廃物がなくなるので美容や体質の改善にも有効です。

断食の方法と注意点は?

テープ, フォーク, ダイエット, 健康, 損失, 栄養, ライフスタイル

内臓脂肪を落とすための断食の方法として、全く食事をとらないというやり方は体の負担が大きくストレスも溜まります。

その結果、後で食べすぎてリバウンドしてしまう危険性もあるので、自分に適した無理なく行える方法にすると良いでしょう。

例えば週末だけ行うとストレスが少なくやりやすいです。

ただし、この場合もいきなり週末だけ食事を取らないのは健康上の問題があるため、前日から量を減らして準備をします。

断食の当日は完全に食事をしなくても良いですが、負担が大きいのであれば1食だけ軽く取っても良いでしょう。

なお、水分は控える必要はないので通常通り取ります。

断食後の食事はいきなり元に戻すと内臓にかかる負担が大きくなるだけでなく、身体が飢餓状態になっていてエネルギーの吸収効率も高くなっているので断食した意味がなくなります。

普段の半分程度の量にして、おかゆなどの消化しやすいものを食べると良いです。

短期間の断食であれば内臓脂肪が消費されますが、摂取カロリーが少ない状態が長期的に続くと筋肉を分解してエネルギーにします。

筋肉は基礎代謝に影響しており、減ってしまうと太りやすい体質になるため注意が必要です。

平日に行った場合もエネルギーが不足して注意が散漫になり、仕事に影響が出てしまうので、週末を利用して行うのが適しています。

コメントは受け付けていません。