適切な断食方法により腸内環境は改善されるのでしょうか?

健康のために一日三食を摂取することは基本とされています。

一日三度の食事をしっかりと食べることによって、体に必要となる栄養素をバランスよく摂取することにもつながります。

しかし近年では現代人の食生活は、経済的に豊かになったことや、脂質が多い食事などを食べ過ぎるなど食事の欧米化がみられるので、このような食生活は糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病等につながるとも心配されています。

断食で体質改善ができる!?

ヨガ, 体操, 健康, 市, 高層ビル, 都市の景観, アーキテクチャ

そこで近年注目されているのが、食事を一食から数日間絶つことで、常に休むことなく働き続けている胃腸などの消化器官を休ませることを目的にしている断食です。

断食をおこなうことにより排泄が促進されるので便秘が解消し、腸内環境が整うだけではなく、胃や腸を休ませることができるので本来の消化吸収能力を取り戻すことにつながります。

断食にはおこなう日数などによりさまざまな種類が挙げられますが、1週間かけて行うような本格的なものとなると、専門家の指導を受けながら行う必要があります。

そのため近年流行しているものはプチ断食と呼ばれるような、一食だけ食事を抜くような方法や週末を利用して丸1日行う方法がおすすめです。

気軽にできるプチ断食の方法!

実際にプチ断食の方法としては、半日の場合には朝食を抜くことにより胃や腸などの消化器官に約18時間の休息を与えることができます。

前日の夕食は軽めに早めにとり、翌日の朝食は食べずに昼食よりも軽いものを食べるようにしましょう。

丸1日行う方法としては、前日の夕食を軽めにとり、翌日の食事を1日なくす方法です。

翌々日の朝食にはおかゆなどの胃に負担のかからない軽いものから食べるようにして、段階的に食事内容を戻していきます。

プチ断食をおこなううえでのポイントとしては、断食中には消化液で胃を荒らさないように前日の夕食は軽めにとります。

断食中には水分を意識して摂取することが大切ですが、カフェインが含まれているものを選んでしまうと利尿作用によって脱水症状を起こしてしまう可能性があるので控えましょう。

コメントは受け付けていません。