「朝食 抜き」は半日断食する場合の効果的なダイエット方法

朝食抜きダイエットの画像:https://wildwildwestny.com/

「断食」と言うと、辛い空腹や忍耐などを想像する人も多いと思います。

確かに、早く痩せなければいけない人や何とか痩せなければならない人の中には、丸一日何も食べずに過ごすという断食(ファースティング)を経験した人もいるでしょう。

しかし、その過酷な断食は体調を崩す原因となるとも言われています。

おすすめ!朝食抜きダイエットとは?

アップル, 皮むき器, フルーツ, 緑, 健康, 新鮮な, ダイエット, 皮

そこでおすすめなのが「朝食 抜き」という半日断食です。

単に半日何も食べずに過ごせば良いというものでもなく、「朝食 抜き」という点がミソとなります。

そもそも半日断食の目的は、内蔵を休めるというところにあります。

規則正しいとは言え、毎日定期的に食べ物の消化・吸収を行っている内蔵は休みなく動いています。

食事をしない具体的な時間は18時間で、これは食事をしてから消化・吸収が行われ、排泄するまでの時間です。

何も食べない時間を18時間作ることで内蔵を休め、負担を軽くすることができるそうです。

そしてこの半日断食ですが、最もよく行われているパターンが「朝食 抜き」というわけです。

朝食を抜くとしんどくなったり集中力に影響するとよく言われますが、実際には健康に大きな被害が出ることはないそうなので安心です。

朝食を抜いてエネルギーが得られなかった体は、脂肪からエネルギーを得るようになっているからです。

朝食抜きダイエットにおける注意

人, デトックス, ダイエット, ドリンク, 飲酒, エネルギー, 女性, 適合

半日断食をすると体に無理のないダイエットができて、自然と体重の変化を感じるようになるでしょう。

先ほども触れましたが、朝食を食べない生活によって、体がブドウ糖ではなく脂肪からのエネルギーでやりくりする環境に慣れるので、効率良く脂肪を燃焼する体になっていきます。

この方法を実践する場合の注意点ですが、朝何も食べない代わりに水を飲んで下さい。

量は500mlは必要だと言われていますが、白湯にした方が体に優しいと思います。

やり始めで辛い場合は野菜ジュースを飲んでもOKです。

昼食は食べなければなりませんが、いつもより軽めにして内蔵をびっくりさせないようにしましょう。

夕食は通常通り食べても良いということです。

しかし、朝の分もたっぷり食べてやる!という考えでは、ダイエットは成功しないので注意して下さい。

コメントは受け付けていません。